Make your own free website on Tripod.com
鈴鹿チャレンジクラブグランプリ2004



こりもせず、また今年も行ってきたのですが今回はさんざんでした(涙)



去年(2003年)に工事があって、130Rとシケインが大幅に改修されました。
基本的にはランオフエリアの拡大やコーナーのRが緩くなったので、安全になったはずですが・・・


スタートを待っている図。隣はポルシェ。




ホームストレートへ戻ってきたとこです。完熟走行終了後、正味20分くらいのタイム計測なのですが、 僕の前のクルマが右コーナーの度にガソリンをじゃばじゃば垂れ流していたので危なくてしょうがなかったです。 オレンジボール(黒旗にオレンジの丸印の旗で、カーナンバーと一緒に出される強制ピットインのサイン)も出ていたのに そのまま2周も走られてかなり迷惑でした。そのせいか分かりませんが、2回も中止の赤旗が出て全然気持ちよく 走れなかったです。




シケインの入り口はかなり手前になり、侵入角度も緩くなりました。


無理はしないつもりだったんですが、残り時間数分のところでやはり無理してしまったんでしょう。

S字の出口からダンロップコーナーへの入り口、立ち上がりを焦った瞬間に耐えきれなくなりリアからズルっと。
いったんはイン側を向いてしまったんですが、なんとか外側へ逃げ、その後はコントロールを失って グラベルへズザザザーっ!と(涙
砂場のように見えますが、実際はかなり大粒の砂利でして前にも後ろにも出られずどうにもなりません。
この後、JAFみたいなクルマが2台きて、リアからウインチで引っ張って出してくれました。
かろうじて自走は出来たものの、ホイールやキャリパーに大量のジャリが入り込んで、そりゃもうギーギーと(爆泣


近くのジェームスさんでリフトアップしてもらい、出来るだけキレイにしてもらいましたが、原因不明のギーギーは
直らず、浜松までそのまま帰りました。(結局はパッドをとめている金具が曲がってしまい、パッドがローターに
ハの字に当たっていたことが判りました) マグホイールが砂利でキズだらけになり、凄く悲しくなりました。

今回はエアクリ、ブレーキパッド、Z51ショック、マフラーのみの交換で走ったのですが、次回行くときにはせめてタイヤと スタビは換えたいと思います。ウイングはどうしたもんかな・・・。あまり派手な外観にはしたくはないんですけど。


ブラウザの戻るボタンで戻って下さい。