Make your own free website on Tripod.com

YAIZU SPECIALITIES(4)


今回は皆さんの期待に反して食べ物では無く(笑)焼津港の正月風景です。普段は活気のある魚市場も、この時期だけはのんびりとした雰囲気です。天気もよく、今年(2000年)は暖かく穏やかな正月となりました。そういうわけで漁はありませんが、雰囲気だけでもお伝えしたいと思います。


1.小川(こがわ)漁港



 焼津漁港の南側に、サバ・アジ・イワシなどの小型魚が多く水揚げされる小川港があります。

写真のような小型船が数多く停泊しています。

この辺にしか生息しない珍しいカニが採れることもあり、水族館に寄贈されたこともあるそうです。

突堤では釣り人がのんびりと防波堤釣りを楽しんでいます。







2.大漁旗



ご覧のように漁船には大漁を祈願して、いろとりどりの大漁旗がたてられ、潮風にはためいています。

旗のてっぺんに縁起物の笹の葉を飾るのが、海の男達の風習です。

商売繁盛、笹もって来いってやつですね。









3.カツオ船


中型のカツオ船です。
カツオ漁は一度出かけると40日程度は帰ってきません。

漁から戻ってきた船は、メンテナンスのためにドッグ入りします。






4.焼津ドッグ


焼津ドッグの様子です。
たくさんの船が整備を受けています。

ドッグは言って見れば船のピットですね。じゃ人間ドッグは人間のピットか(笑)?






5.焼津漁港遠景

焼津港を近くの丘から見下ろした風景です。穏やかな昼下がりの港の全景です。


今回は食べ物では無かったですが、漁業の町焼津の雰囲気が伝わりましたでしょうか?
なかなかいい味出してると思いませんか?活気ある水揚げの様子はまたの機会に!